9,999円でUbersuggestを買い切りする手順【裏技】

スポンサーリンク

9,999円でUbersuggestを買い切りする手順を紹介します。

Ubersuggestの公式サイトには以下のプランが掲載されています。

  • 月額サブスクリプション
    • パーソナル : 2,999円/月
    • ビジネス : 4,999円/月
    • エンタープライズ : 9,999円/月
  • 買い切り
    • パーソナル : 29,990円/一括
    • ビジネス : 49,990円/一括
    • エンタープライズ : 99,990円/一括

「10ヶ月以上使えば元がとれるのか……3万円の買い切りのパーソナルプランを購入しようかな」
……と思っていたのですが、実は公式サイトには掲載されていない9,999円の裏メニューがあります。

スポンサーリンク

Ubersuggest 有料買い切り版を検討した理由

Ubersuggestの買い切り版を検討した理由は、キーワード調査の1日の上限回数制限を解除したかったからです。

  • Chrome拡張機能
    • 無料版 : 1日の利用回数は40回まで
    • 有料版 : 100〜900回
  • Ubersuggestのサイト
    • 無料版 : 一日3回
    • 有料版 : 無制限

有料版と無料版の違いはいくつかあるのですが、キーワード調査ツールとしての有料版・無料版の違いは1日の利用上限だけです。

私のUbersuggestのメインの用途はキーワード調査です(他の機能は他のツールで代替するのであまり使用しない)。

Ubersuggestを一日に20回使用
Ubersuggestを一日に何度か使っていると制限が近づいているという通知が表示されます。
Ubersuggestを一日に30回使用
残りの利用回数が10回以下になると検索キーワード入力欄の下に、残りの利用回数が表示されます。
Ubersuggestを一日に40回使用
40回の上限に達すると24時間はUbersuggesを利用できなくなる。

有料版を利用しないことのデメリット

正直、そんなに使わない日も多いです。キーワードを意識しないときは拡張機能の「表示する」を「隠す」にしておけば、検索回数は減りません。

ただ、こんな場合に私は不便を感じていました。

  • 拡張機能がONの状態で家族が使って、いつの間にか利用上限を超えていた。
  • お宝キーワードを知る機会損失をしていないか。
    • 回数を気にしていると落ち着いて調べられない。
    • 記事の構成を作っているときに上限を超えた。
    • 何気なく検索したキーワードで意外と検索ボリュームがあった。

Ubersuggestの買い切りプランと通常の有料プランとの違い

9,999円プランパーソナルビジネスエンタープライズ
一括購入価格9,999円29,990円49,990円99,990円
プロジェクト13715
追跡キーワード25100150200
ランク追跡
更新頻度
毎週毎日毎日毎日
サイト監査
クロールページ
1501,0005,00010,000
指定URLでの
被リンクチェック
1002,0005,00010,000
Chrome拡張機能の回数制限100100300900
買い切りプランと通常の有料プランとの違い一覧

とはいえ、買い切りでも約3万円というのは私には結構大きな出費です。しかし、これがさらに9,999円で買い切れるプランがあることを知ったので、購入することにしました。

表を見ると、それなりに機能が制限されていますが、私は9,999円の買い切りプランで問題ありませんでした。理由は以下の2点です。

  • 通常の買い切りプランより2万円〜9万円安い
  • Ubersuggestはキーワード選定ツールとして利用している。上記の利用制限は全く問題がない。

毎日のランキングチェックにはランクトラッカーを利用しているからUbersuggestはキーワードツールとしてしか使っていません。ランクトラッカーはサイト登録、キーワード数が無制限でコスパがかなりいいです。

Ubersuggestは高い料金を払ってもサイト数やキーワード数に制限があるため、検索順位チェックツールとしては私は利用していません。つまり、安いプランでも私には全く支障がありません。

Chromeの拡張機能は無制限かと思っていたのですが意外と厳しめの100回。

ただ、普通に使っている分には24時間で100回検索することは少ないです。購入後3週間ほどは気が付きませんでした(笑)拡張機能の制限回数を超えた場合、Ubersuggestのサイトでキーワード調査をすれば問題ありません(こちらは各プラン無制限です)。

9,999円プランは料金表にないけど大丈夫?正式名称は?

Tier 0 Lifetime is a plan that will function similarly to a FREE account in some aspects and others like an Individual Plan.
Some of the features where you will notice a difference:
(Omitted)
Tier 0 is a special offer on a limited basis. There is no other way to have access to that offer. It is a plan mainly suitable for users that find value in Ubersuggest for keyword and content research or data in general.

ubersuggest.zendesk.com “Tier 0 Lifetime Plan

【和訳】
Tier 0 Lifetime は、ある面では無料アカウントと同様に機能し、他の面では個人プランのように機能するプランです。
違いがわかる機能をいくつかご紹介します。
(略)
Tier 0は、限定的なスペシャルオファーです。このオファーにアクセスする方法は他にありません。Ubersuggestをキーワードやコンテンツの調査、または一般的なデータとして価値を見出すユーザーに適したプランです。

省略した部分は先ほどの「買い切りプランと通常の有料プランとの違い一覧」に掲載したので割愛しました。「Tier 0 Lifetime」というのが一応の正式名称です(”一応”と断ったのはパーソナルが「Tier1」、ビジネスが「Tier2」、エンタープライズが「Tier3」と記載されており、どの言い方が正式名称か断言できないからです)。

非公開のスペシャルオファーですが公式のヘルプにはしっかり記載されています。

Ubersuggestを9,999円で買い切る手順

Ubersuggest公式サイトのタイムリミット
Ubersuggest公式サイトに時間制限が掲載されています。なぜかいつ見ても残り数時間です(笑)。そのため、焦って購入する必要はありません(ただ、以前大幅値上げに踏み切ったことがあるので、いつか本当に料金変更になる可能性があります)。

Ubersuggestを9,999円で買い切る手順は2つに分けられます。

  1. 有料プランを無料体験する
  2. 解約手続きをすすめて、1万円の買い切りプランを購入する

有料プランを無料体験する

Ubersuggest公式サイトのパーソナル(individual)プラン
うっかり英語サイトから申し込んでしまいましたが、ちゃんと日本円で表示されています。

まずは7日間の無料体験お試しを利用します。

おすすめはパーソナル(individual)の月額契約です。

この後の手続きを7日以内にしないと課金されてしまいますが、手続きの期限を忘れてしまったときのリスクを考えると一番安いプランがおすすめです。心配な方は無料体験の当日に解約手続きをおこなってください。

  1. 「まずは無料でお試し」(Start My Free Trial)をクリック。
  2. ログインする。
  3. 支払い方法を選択。
  4. 完了。
Ubersuggest公式サイトのパーソナル(individual)無料体験申込ボタン
①「Start My Free Trial」をクリック。
Ubersuggest体験申込時のログイン画面
②ログインしていない場合はログイン、ユーザー登録をしていない場合は登録をします。
Ubersuggest体験申込時の支払い方法選択画面
③支払い方法を選択できます。PayPalかクレジットカードが選択可能。海外サービスなので微妙かと思いましたがJCBでも問題ありませんでした。
Ubersuggest体験申込完了
④以上でサブスクリプションのアップグレードが完了しました。

解約手続きをすすめて、9,999円の買い切りプランを購入する

次に解約手続きをします。解約を進める過程で、9,999円買い切りプランのオファーが表示されます

  1. 「アカウント&請求情報」をクリックする。
  2. 「キャンセル」のリンクをクリックする。
  3. キャンセルの理由を記入して「アカウントをキャンセル」をクリックする。
  4. もう一度「アカウントをキャンセル」をクリックする。
  5. 「ライフタイムアクセスの取得(¥9,999 一括)」をクリック。
  6. 購入完了。
Ubersuggestマイページの「アカウント&請求情報」のリンク
①ログイン後、ページ右上の「アカウント&請求情報」をクリックする。
Ubersuggestマイページの「サブスクリプションをキャンセル」のリンク
②アカウント&請求情報ページの左下にある「サブスクリプションをキャンセル」の項目にある「キャンセル」のリンクをクリックする。
Ubersuggestマイページの「アカウントをキャンセル」のリンク
③アカウントキャンセルの入力フォームが入力されるので、キャンセルの理由を記入して「アカウントをキャンセル」をクリックします。(2項目とも入力が必須です)
Ubersuggestマイページのアカウントをキャンセル確認
④確認画面が表示されます。「アカウントをキャンセル」をクリック。
Ubersuggestマイページの「ライフタイムアクセスの取得(¥9,999 一括)」のボタン
9,999円で購入できる買い切りプランのオファーが表示されます。「ライフタイムアクセスの取得(¥9,999 一括)」をクリック。プロジェクト(登録できるサイト)の保存が1つまでになるなど注意事項があります。Ubersuggestをキーワード選定ツールとして利用する分には問題ありません。こちらの買い切りプランにも30日間の全額返金保証がついています。
Ubersuggestプラン申込完了
⑥買い切りプランの購入が完了しました。

9,999円でUbersuggestを買い切りする手順 まとめ

Ubersuggest買い切りプランを利用して検索
買い切り版を購入したのでPro版の表示に切り替わりました。

そんなわけで実際に9,999円のUbersuggest買い切りプランを購入しました。

Ubersuggestの無料プランでも十分役に立ちます。でも9,999円で買うと1年使ったとしても1日あたり27円。法人はもちろん、個人ブロガーでアドセンスでコツコツお小遣いを貯めているレベルの人でも、もとがとれるでしょう。

Ahrefsなんかも使ったことがありますが、キーワード調査機能はイマイチなのでこの価格なら大満足です。

一方、ちょっと記事内でも言及しましたが、Ubersuggestをランキングチェックツールとして利用するのはややコスパが悪いです。

WindowsユーザーならGRCが安くておすすめです(GRCはMac不可)。

MacユーザーでSEO超初心者ならserposcopeも無料でおすすめですが、50キーワードを超えるあたりからチェックに数時間かかり、エラーが多く使えない状態になりました。仕様状はキーワード無制限・サイト数無制限なのですが、100キーワードほどが上限と考えた方がいいです。

50記事だと仮に一ヶ月に5記事ほど書くペースでも、1年以内に順位チェックが負担になってきます。serposcopeから他のツールにランク履歴を移行することができないので、ブログを半年、1年以上続ける気があるならGRCかランクトラッカーの導入を検討した方がメリットは大きいです。

私はランクチェックにはランクトラッカーを利用しています。こちらはWindowsでもMacでもOKです。(正確には被リンクチェックツールや、リンク切れやエラー監査ツールもパッケージなったSEO PowerSuiteを購入しました)

SEO
スポンサーリンク
tacをフォローする
スポンサーリンク
ふとん育児.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました